銀行合併の歴史を考える

銀行が合併し始めたのは1990年代からです。バブルが弾け金融ビックバンが始まります。規制緩和により銀行は単なるお金を預金する場ではなくそれ以上の金融商品を取り揃える窓口となりました。窓口では保険や証券会社が売る株や投資信託など多くの金融商品が取り扱いされています。

 

bank2

銀行で勧められた商品を購入していては損をするというのがネット社会の常識で、わざわざ店舗に行かなくても現在ではネット銀行で十分事足ります。しかし、以前の信用力からか大手の銀行は高齢の方には絶対的な支持を集めているように思います。日本にはメガバンクといわれる銀行が3行あります。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行そして三井住友銀行です。これらは初めから一つの銀行ではなく複数の銀行が合併をしてできています。

 

この歴史について見ていきたいと思います。多くの人はバブル崩壊後変わり続けた銀行名に果たして何銀行が合併したのか忘れているのでないでしょうか。


まずは三菱東京UFJ銀行。ここはこの長い銀行名からなんとなく想像がつきます。まず1996年東京銀行と三菱銀行が合併します。その銀行が東京三菱銀行です。

そして2001年に合併したのが三和銀行と東海銀行です。こちらはUFJ銀行です。その2つの銀行がさらに合併してできたのが今の三菱東京UFJ銀行になりました。

次はみずほ銀行です。こちらは銀行名からでは判断できないようですが、富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3行が2000年に合併してできています。


そして三井住友銀行。こちらは1990年から始まりまずは太陽神戸銀行と三井銀行が太陽神戸三井銀行となります。1992年にはさくら銀行となり、そこから2001年住友銀行と合併して三井住友銀行になりました。


それぞれ複数の銀行が合併して今日のメガバンクが形成されています。他にも2002年にあさひ銀行と大和銀行が合併してりそな銀行ができ、1998年に破綻した日本長期新表銀行は新生銀行となっています。

参考サイト→土日でも借りれるカードローン無職でもお金借りれるカードローンまとめ※内緒&即日融資OK