銀行合併後の三井住友銀行

日本で今、規模の大きな銀行というと三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行そしてみずほ銀行を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?この三行は全国的に支店を持っていますし、グループ会社として証券会社や信託銀行、さらに消費者金融の会社を持っている場合が多いです。テレビのコマーシャル有名な女優や俳優をつかってたくさんのCMを流しているので知名度も圧倒的に高いといえます。


その3つの銀行をそれぞれの特色とともに、合併の歴史について考えたいとおもいます。まず今回は、三井住友銀行について取り上げたいと思います。


三井、住友といえばそれぞれ財閥として力を持っています。さらに三井、住友は元々が商人であったことから関西ではとても馴染みが深く、ATMの数が関東より多い気がします。元となった住友銀行は住友吉左衛門が1895年に開業した個人経営の銀行です。第61銀行を買収することで規模が大きくなっていきました。


もうひとつの合併前の銀行はさくら銀行と呼ばれていました。こちらは1990年に太陽神戸銀行と三井銀行が合併した銀行です。一度屋号から外れた三井の文字は、三井住友銀行になって復活するのです。


緑のイメージカラーで大手でありながら、どこか親しみやすい感じがします。就職希望者も多く人気の銀行と言えるでしょう。年収もよく、関西からの銀行就職希望者がまず、「この三井住友銀行にエントリーするのではないでしょうか。体育会系の風土があり、いい人材を選んで採用されているようです。


よって、銀行員個人としての能力に優れている人が多く集まり、組織よりも個を重視した銀行と言えます。実際に私たち個人が顧客として、接するのは一人の銀行印ですから、ありがたいことですし、自分の大事な財産を他人任せる場合の安心感もあると思います。三井住友銀行をまだ使っていない人は、ぜひ、検討してみてほしいです。大手の中では一番親しみやすい銀行なのでおすすめします。


日本で今、規模の大きな銀行というと三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行そしてみずほ銀行を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?この三行は全国的に支店を持っていますし、グループ会社として証券会社や信託銀行、さらに消費者金融の会社を持っている場合が多いです。テレビのコマーシャル有名な女優や俳優をつかってたくさんのCMを流しているので知名度も圧倒的に高いといえます。


その3つの銀行をそれぞれの特色とともに、合併の歴史について考えたいとおもいます。まず今回は、三井住友銀行について取り上げたいと思います。


三井、住友といえばそれぞれ財閥として力を持っています。さらに三井、住友は元々が商人であったことから関西ではとても馴染みが深く、ATMの数が関東より多い気がします。元となった住友銀行は住友吉左衛門が1895年に開業した個人経営の銀行です。第61銀行を買収することで規模が大きくなっていきました。


もうひとつの合併前の銀行はさくら銀行と呼ばれていました。こちらは1990年に太陽神戸銀行と三井銀行が合併した銀行です。一度屋号から外れた三井の文字は、三井住友銀行になって復活するのです。
緑のイメージカラーで大手でありながら、どこか親しみやすい感じがします。就職希望者も多く人気の銀行と言えるでしょう。年収もよく、関西からの銀行就職希望者がまず、「この三井住友銀行にエントリーするのではないでしょうか。体育会系の風土があり、いい人材を選んで採用されているようです。


よって、銀行員個人としての能力に優れている人が多く集まり、組織よりも個を重視した銀行と言えます。実際に私たち個人が顧客として、接するのは一人の銀行印ですから、ありがたいことですし、自分の大事な財産を他人任せる場合の安心感もあると思います。三井住友銀行をまだ使っていない人は、ぜひ、検討してみてほしいです。大手の中では一番親しみやすい銀行なのでおすすめします。