銀行合併を辿る

1990年代に合併を繰り返した銀行が日本に初めてつくられたのは、いったいいつなのでしょうか?

国立銀行の誕生は明治にさかのぼります。明治維新後、近代産業の波が一気に押し寄せましした。この産業化に対応するため近代的な金融機関が必要となりました。

それまでの日本の金融は政府が発行した多額の国債と金貨と交換できない不換紙幣と呼ばれるものが中心でした。
1872年にアメリカのナショナルバンクを手本にした銀行制度が導入されました。この中心人物が有名な渋沢栄一です。渋沢らの起案によって国立銀行条例ができます。

この条例を元に第一国立銀行(現在のみずほ銀行)など4行の銀行が誕生しました。
はじめは経営がむずかしく、国立銀行といっても国営ではありませんでした。私立で発行する銀行券と金貨を交換しなければいけないということが銀行側の大きな負担でした。そのため1876年に国立銀行条例は改正されます。この金貨との交換義務がなくなったのです。そして銀行券の発行限度も広がり銀行業は発展していきます。


bank1

全国に銀行がたくさんできました。ブームによって153行もできたのです。そんなに多いとのちに競合していくことが予想できそうですが、当時は産業が右肩上がりで銀行業もとても忙しかったようです。また政府も政策的に公共事業を増やしていたので、企業の設立は増加しました。

 

さらに明治維新以前に士族であった武士に仕事を与える目的でも銀行がつくられていきました。
そうして全国各地にできた銀行は1990年にその成長の限界を迎えます。この頃は1980年代のバブルがはじけ、金融界が再編へと動き出します。

小さな銀行は大手に吸収合併されていき、できた銀行もまた数年で合併されるという淘汰が繰り返されます。1998年には銀行持株会社ができたことでこの動きはより激しくなっていきます。銀行が変わってきた要因は、初めから計画性なくつくられすぎたことにあるかもしれません。